85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_s

テレビのCMでも見かけることが多いグルコサミンは、

アミノ酸の一種で動物の皮膚や軟骨、カニの甲羅やエビの殻などに

含まれている成分です。

このグルコサミン、実は私たち人間の爪やじん帯、軟骨などにも存在し、

軟骨細胞を形成しています。

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_s

肘やヒザなどの関節がスムーズに曲げ伸ばしできるのは

グルコサミンの存在が大きく、コラーゲンやヒアルロン酸と同じく体内で作られるものの、

加齢により生成能力が衰えていく成分でもあります。

そのため、年齢を重ねて体内のグルコサミンが減ってくると、

関節の動きがスムーズに行われなくなり、関節が痛むようになります。

ヒザをスムーズに回すことができるのも、グルコサミンのお陰というわけです。

また、加齢だけでなく運動不足や肥満によっても

グルコサミンの生成能力が衰えると言われています。

ですので、若くてもグルコサミン不足から新陳代謝が衰え

関節障害を起こす人もいますので油断はできません。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

高齢者の健康を支えるグルコサミンとコンドロイチンですが、

グルコサミンもコンドロイチンも関節痛に効果的と言われる成分で、

なめらかでスムーズな関節の動きに不可欠な成分だとも言われています。

この2つは、どちらとも軟骨の主成分として挙げられており、

近年ではたくさんのサプリメントが販売されていますよね。

では、グルコサミンとコンドロイチンは同じ成分なんだから

どっちか一つを摂取すればいいのではないか?と思われるかと思いますが、

実は、同じ効果を持っていても、

実際に体内に取り込んだときの働きには違いがあるんですよ。

グルコサミンは糖のアミノ酸が結合してできたアミノ糖の一種となります。

グルコサミンを摂取することによって、軟骨の再生を促してくれるため、

する減った軟骨に効果を現します。

病院などでの治療では、主に変形性関節症に用いられるようです。

コンドロイチンは、ムコ多糖類の一種となります。

グルコサミンと違い、軟骨の再生を促す働きはありません。

ただ、軟骨の分解を阻止してクッションのような役割を果たす働きを持っています。

軟骨の再生はできなくても、悪化を防ぐことができるというわけですね。